STI極東帆船レガッタ延期のお知らせ

ISPA Japanは英国 Sail Training International (STI) の日本における代表として、今年8月〜9月に開催予定であった SCF White Sails of Peace Tall Ships Regatta 2021(麗水 → 七尾→ウラジオストック)の実現に向け、寄港地である石川県の七尾市、日本からの参加艇である帆船「みらいへ」、「Ami」と密接に協力しながら、準備を進めて参りました。


しかしながら、日本をはじめ各国でのCOVID-19蔓延状況の悪化に伴い、STI からは今年のイベントに関して延期する旨が発表されました

https://sailtraininginternational.org/sailtraining/news/scf-white-sails-peace-tall-ships-regatta-2021-postponed/。


一方 STI のウエブサイトでは、(延期時期は特定されていませんが)本年予定されていたと同じルートでの将来の開催計画が同時に発表になっています

https://sailtraininginternational.org/sailtraining/races-regattas/scf-white-sails-of-peace-regatta-2021/。


若者の育成を目的とした国際的イベントである本レガッタの開催が延期となったことは大変残念ではありますが

来年以降の開催実現に向け、引き続き関連諸団体と鋭意調整を行って参ります。


また概要が決まりましたら改めてこの場にてご案内申し上げますので

皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。



ISPA Japan

理事長 座間一郎

51回の閲覧

最新記事

すべて表示

本年8月2日~6日の日程で、石川県七尾市で予定しておりました 「ISPA ヤングマリナープログラム キールボートコース」 につきまして、参加予定者の多くが居住する東京地区におきまして緊急事態宣言が再発令されたため、他県への移動、宿泊を伴う本コースは中止せざるを得ないとの判断をいたしました。 昨年に引き続くCOVID-19の影響での中止の判断で、参加を楽しみにされていた皆様、ご検討いただいていた方々

本年8月16日より24日まで、オーストラリア、クイーンズランド州での開催を予定しておりました 「ヤングマリナープログラム、トールシップオーストラリアコース」 につきまして、現地でのパートナー団体、South Passage と COVID-19 の状況を注視しながら、その開催に向けての道を探ってまいりました。 しかしながら、オーストラリアでは本年2月10以降、職業の目的など以外の日本からの渡航者の